読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オールジャンル電脳セドラー         カニ の横歩き日記

工場勤務のサラリーマンが、金持ち父さんになるために

ほんのひと手間で、アマゾン刈り取りする方法!

 

 

 

 

 

 こんにちは!

 

 

世の中には、どんな男がいるんだ?

 

もてようとして、

 

冬でも半袖で外出して

 

体調壊して病院に行った男がいるんですよ〜。

 

 

な〜に〜!

 

やっちまったな〜!

 

男は黙って、七分袖!

男は黙って、七分袖!

 

 

そんなに大差ないよ〜。

 

 

(これは、ノンフィクションです。

・・・ちょっと知り合いをいぢってみましたw)

 

 

 

本題!!

 

 

 

今回は、ツールも何も使わない、

 

アマゾン刈り取りの方法を紹介します。

 

知ってる人には、なんだそんなことかよ〜

 

となりますが、初めて聞く人にとっては、

 

へ〜、そうなんだ〜ってなると

 

思います。

 

ビジネスでもなんでもそうなんだと

 

思いますが、知ってるのと知らないのとでは、

 

全く結果が違ってきます

 

知っているだけで 得

知らないだけで 損

 

ということが多々あります。

 

せどりを知ってる人もいるし、

 

一生知らない人もいます。

 

であれば、できるだけ多くのことを知っておく

 

ことが大事だと思いますよね。

 

 

まあ、世の中知らないほうが良かったと

 

思うことも多々ありますがw

 

 

あ、少し横道にそれましたが・・・・

 

 

アマゾン刈り取りの方法はこれだ!!!

 

 

+++

 

店舗やネットでリサーチした商品が、

 

あまりにも、アマゾンの販売価格のほうが

 

安いと感じた時、

 

 

最安値の次の販売者との価格差

 

確認し、差が大きければ、

 

その最安値の商品を刈り取れる可能性がある

 

+++ 

 

 

ということです。

 

 

例をあげて説明すると、

 

 

仮に、サイヤチキンというフィギュアが

 

あったとしましょうw

 

 

あるお店で、このサイヤチキンを1500円で

 

見つけました。

 

お!安いかもしれない!

 

仕入れるんじゃないかと、

 

検索してみるも、

 

アマゾン最安値500円・・・

 

 

な〜んだ、だめじゃん、

 

アマゾンのほうが安いじゃん。

 

 

と普通なら、次の商品にいくところ。

 

 

ここで、さっき言った方法を試します。

 

 

500円は安すぎるんじゃないか?

 

という疑問から、最安値の次の価格を

 

見てみます。

 

 

すると、次ぎの出品者の価格は、3500円

 

 

となると、この500円の商品を買えば、

 

 

なんと、最安値が3500円に早変わり。

 

 

店頭のものも買えば、平均1000円で

 

2個仕入れることができます。

 

 

手数料500円取られたとしても、

 

1個あたり2000円の利益がでます!

 

簡単ですよね^^

 

 

注意事項としては、

 

最安値の数がたくさんある場合と

 

最安値の次の価格でも売れていた実績が

 

あったかどうか、チェックしてから、

 

刈り取ってくださいね!

 

 

ではでは、今日はこのへんで!!!

 

今日もあなたにとって素晴らしい一日

 

なりますように!!

 

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

いつもご協力ありがとうございます!

ブログランキングに挑戦しています。

ポチッとおねがいします。

↓  ↓  ↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村

 

vv=================
【 カニ のご紹介 】
=================vv

 

メールマガジン【 チョキカニ 通信 】の登録はこちらをクリック

▶▶https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTzylTicc◀◀

 

❏カニの【 プロフィール 】はこちらをクリック

▶▶http://profile.hatena.ne.jp/mkani/◀◀

 

❏カニへの質問・問い合わせなど【 メール 】はこちら


 ⇒infoカニchoki-kani.com

(カニを @ に変えて 送って下さいw)

 

質問・疑問・ブログ面白かった!などの感想など

お気軽に送ってください^^

 

オールジャンル電脳セドラー カニの横歩き日記

☆ブログ http://sedori-kani.hatenadiary.jp/